メディカルナビ

- ワキガに関する悩みを解決します - メディカルナビ

ワキガのニオイを抑えるための生活習慣

July 18, 2017
40 views
約 4 分
ワキガのニオイを抑えるための生活習慣

自分がワキガ体質だと気がついたら、驚いて絶望してしまう人が多いようです。

しかし、ワキガは手術だけが解決策ではありません。

臭いを抑える方法はあるんですよ。

今回はワキガの臭いを抑えるための生活習慣をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣
1.汗をかく習慣をつける

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣 1.汗をかく習慣をつける

汗をかくとワキガの臭いが強くなってしまうのではないかと思うかもしれませんが、普段から汗をかくトレーニングをしておくことは非常に効果的です。

汗は、かく機会が少ないほど毛穴に汚れや皮脂などが詰まって、汗をかいたときに一気に押し出されるために臭いが強くなってしまうのです。

これは、ワキガだけでなく体臭にも言えることです。

普段から汗をかくトレーニングをしておくと、サラサラした汗となり臭いのしない汗に繋がります。

ワキガが気になる方や体臭が気になる方は、普段から汗腺トレーニングをしておきましょう。

また、普段から汗をかいているのに体臭が強いという場合もあります。

その時は以下のことを参照にしてくださいね。

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣
2.ストレスをためない

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣 2.ストレスをためない

緊張したときやストレスがかかった時などにかく汗は精神的な不安からくる汗です。

いわゆる「冷や汗」というものは、実はワキガの臭いを増加させる汗でもあります。

ワキガはアポクリン汗腺という汗腺から汗がでることで臭いとなるのですが、精神的な不安でかく汗はこのアポクリン汗腺から放たれるのです。

特にワキガだと、ワキガが原因で精神的に不安定になってしまうことがあります。

咳払いしたけど私の臭いのせいかな?

みんなが私を笑っている気がする

ケアしてもケアしても臭いがとれない

など自分を思い込むと、臭いを増加してしまうきっかけになってしまいますので注意しましょう。




ワキガの臭いを抑えるための生活習慣
3.食生活に気を付ける

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣 3.食生活に気を付ける

ワキガの原因はアポクリン汗腺だと上で説明しましたが、実はこのアポクリン汗腺は大きく開いたり小さく閉じたりします。

アポクリン汗腺自体が無くなることはありませんが、大きく開いているときは臭いが強くなり、閉じているときは臭いが弱くなります。

同じワキガでも、軽度な臭いと重度な臭いに別れているのはこれが1つの原因です。

アポクリン汗腺が大きくなったり小さくなったりする理由は様々なものがありますが、その中の1つとして【食生活】が挙げられます。

アポクリン汗腺が大きくなる食生活

ワキガの臭いを強くするのは以下の食生活です。

脂身の多い肉など

チーズやバターなどの乳製品

ケーキなどの洋菓子

スナック菓子

ジャンクフード

香辛料の強いからいもの

ニンニクなどの臭いが強いもの

同じお肉でも脂身の少ないヒレ肉を食べたり、牛乳をとったらその日はチーズを食べないなど少しずつ食生活を改善していきましょう。

アポクリン汗腺が小さくなる食生活

ワキガの臭いを抑えてくれるのは以下の食生活です。

ビタミン(バナナ、かぼちゃなどの緑黄色野菜)

大豆をはじめとするイソフラボン

ホウレンソウや梅干しなどのアルカリ性食品

こればかり食べていては体にとって良くないので、いろいろな食材をバランスよく摂取することが大切ですよ。

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣
4.デオドラントを使用する

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣 4.デオドラントを使用する

自分自身に合ったデオドラントを使用することは非常に重要です。

ワキガの場合は、ワキに直接スプレーしたり、塗れるものが効果的。

臭いが強い方は汗をかいたら定期的に塗りなおすなどの工夫をしてくださいね。

その場合は、汗をタオルなどできちんと拭いてから塗りなおすようにしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣〜終わりに〜

ワキガの臭いを抑えるための生活習慣〜終わりに〜
ワキガの臭い対処法は、原因も臭いの強さも人によるので一概には言えませんが、臭いの強さでお悩みの場合はどれかが当てはまるはずなので生活習慣を見直してみてくださいね。

41 views

Comment On Facebook